池田和広 金唐紙展

池田和広 金唐紙展

■開催期間:2015年12月5日(土)~12月25日(金)

■Opening party:12月5日(土)17:00~18:30

明治時代に壁紙として国内外でもてはやされた、金唐革紙は、昭和に入り、需要の先細りによって、その生産は途切れてしまった。上田尚氏は試行錯誤の結果、みごとその技術を蘇らせ、新たに金唐紙として生み出された。池田和広は上田氏の愛弟子です。今回の個展の為に、版木を制作、新しい金唐紙の世界を展開しております。池田氏の挑戦を是非ご高覧いただければと思います。 館・游彩 ヌシ 矢崎孝子

 

『これまで金唐紙の修復で復元した版木の文様に加え、
今回新たに制作した作品を展示します。
ご高覧賜りますよう、どうぞよろしくお願い致します。 池田和広』

Exhibition Archives