Pick Up

2022.1.25今月の花 1月の花「椿」

朱色の花入れは、めでたい年賀のしつらえに。 これから開く椿の蕾、ふわっと飛び立つ前の綿花。

2022.1.13News 営業時間変更のお知らせ

誠に勝手ながら、館・游彩では、コロナウィルス急拡大に伴い、 1月の間、時間短縮営業とさせて頂きます。11:30~17:00

2021.12.24今月の花 12月の花「榛の木」

一年の中でクリスマスの頃は夜が長く、 屋内で過ごす時間も多くなり、様々な思いを巡らせます。

Gallery Calendar

2022 January
sun mon tue wed thu fri sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2022 February
sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
             

OPEN CLOSED

館游彩について Concept of YAKATA YUSAI

館・游彩は、“ 使い手と作り手の距離を縮める” ことをテーマとし、多くの作家の協力のもと、「用」を伴った作品を、積極的に住空間の中に取り入れております。今まで作品表現が中心であった作品制作に、「住空間との取り合わせ」というあらたな制約が付け加えられ、その制約の中でいかにアートとして表現できるかというテーマに対して、作家たちがプライドをもって挑戦しています。そこには工業生産品にはない大きな魅力があるはずです。使い手と作り手とのこだわりの作品が暮らしの中に一つでも増えることによって、生活の中にきっと心の豊かさが生まれてくると思います。年間8~9回、工芸作品作家を中心として、館の空間にて、自分の作品ワールドを表現していただきます。従来の個展と違い、空間が無機質なギャラリーではなく、あくまで住空間の中での作品発表です。生活とともに存在するアート空間への作家たちのチャレンジです。日本の現代工芸の世界が広く展開し、発展していくことを切に願っております。

館・游彩 ヌシ 矢崎孝子

»ヌシのブログ

麗潤館