photo
2月の花「白蓮」 2019.2.23

白蓮は枝をためて形を整えるのが難しい花材です。細口の器に入れるときは先に一度入れた枝を少し引きながらもう一本の花を添えながら入れます。

» 続きを読む

photo
1月の花「蝋梅」 2019.1.10

金唐紙と花とのコラボレーションです。光の粒の様な蝋梅。雪の様にも見える苔生した槇。

» 続きを読む

photo
12月の花「榛の木」 2018.12.8

冬の森を思わせる榛の木に雪を添えるようなつもりで南京ハゼを合わせます。寒菊で色味を少しだけ添えて命を灯します。

» 続きを読む

photo
11月の花「茶」 2018.11.16

茶は、花は控えめですが、葉は美しい常緑の緑です。
木枯らしの吹き始める頃花が咲きます。

» 続きを読む

photo
10月の花「吊り花」 2018.10.9

一年中見かける菊ですが、秋の花です。照り葉や秋の実と共に生けます。

» 続きを読む

photo
9月の花「雄山火口」 2018.9.17

文様の華やかな器はそれだけで鑑賞すべきで花を無理に生けなくても、、、。ならば器を花に見立てて、植物自体はあくまでも引き立て役に。

» 続きを読む

photo
8月の花「風船かずら」 2018.8.21

風船かずらを釣り花入に生けました。空間にフワリと浮く軽やかさは、夏の暑さを少し忘れさせてくれます。

» 続きを読む

photo
7月の花「マルメロ」 2018.7.19

枝物と草物を組み合わせる時、枝物の足もとに草物をあしらうという概念を捨てて花と向き合う事が肝心です。

» 続きを読む

photo
6月の花「クレマチス」 2018.6.18

口の広い器に生ける時は、口元の姿が特に気になります。
花や枝の先の方ばかりに気を取られていると上手くいきません。

» 続きを読む

photo
5月の花「枇杷」 2018.5.21

床置きの高さのある細いオブジェのような花器には
自然の造形を切り取ったような形に野の趣きを合わせます。

» 続きを読む