photo
7月の花「笹」 2020.7.16

雑草と言われる草、名前はあります。日常の自然の中に輝きを発見していくことは、投げ入れの花にはとても大事なことです。

» 続きを読む

photo
6月の花「一薬草」 2020.6.19

宙に浮いたような軽やかな金属の花入れには
小さな花を器の線と重ねるように生けます。

» 続きを読む

photo
5月の花「朴」 2020.5.10

朴の若葉の伸びゆく様は鳥の羽ばたきの様にも見えます。空に向かって光を掴み取るその姿はまるでダンサーのパフォーマンス。シルエットを楽しみます。

» 続きを読む

photo
4月の花「ライラック」 2020.4.24

色、形、共に個性的で、主張の強い器です。どんな花を生けたらいいのか迷います。器の中の色を拾って、選ぶ花も主張の強い花で。

» 続きを読む

photo
3月の花「辛夷(こぶし)」 2020.3.23

辛夷という樹木の存在は、子供の頃歌謡曲の中の歌詞で知りました。

» 続きを読む

photo
2月の花「椿(玉の浦)」 2020.2.20

遅咲きの椿である玉の浦は、線が柔らかく、色も鮮やかです。
色々な器に合わせることによって表情が変化します。

» 続きを読む

photo
1月の花「女松」 2020.1.21

藪柑子は十両とも呼ばれ縁起物として正月に使われます。
花器の金箔の輝きはそれだけで華やかで、“はな”そのものです。

» 続きを読む

photo
12月の花「寒菊」 2019.12.14

歳暮の花として生けられてきた寒菊を色鮮やかな赤い器に合わせてみました。寒菊は塊が単純にならないように小さいながらも重量感、深みを意識します。

» 続きを読む

photo
11月の花「白玉椿」 2019.11.25

秋の終わりから 春の終わりまで様々な椿を生けますが、先ずは白玉椿。丸い蕾が少しだけ微笑むような姿がなんとも初々しく、艶やかな常緑の葉に秋の色を添えます。

» 続きを読む

photo
10月の花「ヘクソカヅラ」 2019.10.21

秋も深まる頃、「錦秋」と言われるような華やかな色とりどりの山の景色がある一方、落ち着いて静かな時を刻んでいる野の姿もあります。

» 続きを読む