2018.9.17

9月の花「雄山火口」

生けた人:鈴木ひろ子

文様の華やかな器はそれだけで鑑賞すべきで花を無理に生けなくても、、、。
ならば器を花に見立てて、植物自体はあくまでも引き立て役に。
ユニークな器のフォルムも壊さずに。
頑張りすぎない事が、懐の深さです。

花材:雄山火口、山ほろし、朮
花器:松田百合子「長南瓜花器」