2017.12.21

12月の花「和蔦」

生けた人:鈴木ひろ子

草の季節も終わり照り葉の彩りも終わり、
ひっそりとしている野山の様子は、むしろ自然の強さを感じます。
次の世代の春を待つものに常緑の翌檜を添えて、
繋がって行く自然の営みを生け歳暮の花とします。
師走の気忙しい頃にこそ落ち着いた花が良いのかもしれません。

花材:和蔦、翌檜(あすなろ)、苔生した柿の古木
花器:小野澤弘一「錫彩 壷」