2017.11.21

11月の花「どうだんつつじの照葉」

生けた人:鈴木ひろ子

晩秋から初冬にかけての野山は、季節を生き抜いてきた花の静かな美しさを感じます。
枯れゆく姿は死んでいるわけではありません。
その美しさを感じる事が形よりも何よりも大切です。
様々な姿は、秩序を求めず、懸命に語りかけてきます。
生ける側の懐の深さを試されます。

花材:どうだんつつじの照葉、芒、蔦
花器:工藤茂喜「寄せへぎ 日杯」