2017.10.23

10月の花「さわふたぎの実」

生けた人:鈴木ひろ子

 

図鑑などでは山野草はカタカナ表記が主流ですが、漢字を使うと格調を感じます。
また、ひらがなは柔らかい、日常の暮らしの中の花と言う趣が強くなります。

今回は、どちらかと言うと、ひらがなの花でしょうか、、、。
山から色づいた便りが届く中、敢えて寒色系でまとめてみました。
錫の色とよく合います。

 

花材:さわふたぎ(沢蓋木)の実、のぶどう(野葡萄)、やまりんどう(山竜胆)、れんぎょう(連翹)の照り葉
花器:武田享恵「掛花入」(錫)