2015.1.13

1月の花「女松」

生けた人:鈴木ひろ子

生けた人:鈴木ひろ子

松などの常磐木は洋の東西を問わず、神の宿る木として扱われてきました。
お正月に神様をお迎えするに相応しく生けたいものです。
綿花は、雪を思わせるように新鮮な白を楽しみます。
器が華やかなので、敢えて色は抑えます。
流れが直線だけにならないように、有機的な線を意識して松を生け、上向きに
はばたくように。

花材:女松、熊笹、綿花

花器:金田恭明「織部釉金銀彩花入」