2013.12.10

12月の花「蝋梅、椿、綿花、屁糞葛」

生けた人:鈴木ひろ子

生けた人:鈴木ひろ子

花は空間によって息づき始めます。
作業台や、キッチンなどで生けてから運んで置く…便利かもしれませんが、
それでは場の空気を生けることができません。

12月は一年中で一番日の短い月ですが、斜めの光が部屋に差し込む季節でもあります。
その光を大事に大事に取り込んで、忙しい年末にホッとする花で、場を優しくしましょう。
暖かいミルクのように。

 

花材:蝋梅、椿、綿花、屁糞葛

花器:田淵太郎「白磁花入れ」

鈴木ひろ子

千葉県出身。子供の頃より茶道、いけばなを学ぶ。
川瀬敏郎氏に師事し、各メディアで作品を発表。
国内以外での展覧会多数。 一方、自身のなげいれの教室を主宰。
ここ数年は、造形作品[sculpture with plants]も制作、発表し、活動の場を、広げている。