2013.11.17

11月の花「山百合の実、エビ蔓、山葡萄」

生けた人:鈴木ひろ子

生けた人:鈴木ひろ子

秋、色づく野山では、美しい色に目を奪われます。
澄んだ空気の中、静かに色香を放ちます。
少し大胆な使い方も、アンバランスの妙も、秋の心震えるこの時期にはドラマを感じさせてくれます。
大切なのは、技術ではなく、花と空間と自らのライブを楽しむこと。
三者のせめぎ合いです。
遊びのようで真剣勝負。

 

花材:山百合の実、エビ蔓、山葡萄

花器:Vessel-9(へぎ:木曽桧) 工藤茂喜

背景:「風の果て」(板絵)工藤かおる

鈴木ひろ子

千葉県出身。子供の頃より茶道、いけばなを学ぶ。
川瀬敏郎氏に師事し、各メディアで作品を発表。
国内以外での展覧会多数。 一方、自身のなげいれの教室を主宰。
ここ数年は、造形作品[sculpture with plants]も制作、発表し、活動の場を、広げている。