IROE展

IROE展

会期:2022年5月14日(土)-6月2日(木)

参加作家:池田省吾、河端理恵子、滝口和男、富田啓之、林真実子、渡部味和子

 

【作家在廊日】
富田啓之:5月14、22、28、29日

 

 

 

池田省吾 SHOGO IKEDA
作品「織部徳利」

1976 鹿児島に生まれる
1996 日本デザイナー学院卒
1999 有田窯業大学卒後、川添貞秀氏に師事
2001 自身の穴窯と蛇窯を築窯
現在 鹿児島西表にて作陶 展示会多数


河端理恵子 RIEKO KAWABATA
作品「赫焉オーネイト・カウフィッシュ文青粒輪花飾皿」

1982 石川県小松市生まれ
2013 石川県立九谷焼技術研修所 研究科卒業
2013 福島武山氏に師事
2013 IKEYAN☆オーディション グランプリ
2016 個展 「河端理恵子 陶展」三越日本橋本店
本館6階アートスクエア


滝口和男 KAZUO TAKIGUCHI
作品「天の川物語は」

1953 京都五条坂に生まれる
1978 京都市立芸術大学美術学部中退
1991 日本陶磁協会協会賞
1992 ロイヤルカレッジ オブ アート修了(英国)
~2022 日本陶磁協会賞受賞作家展
日本を拠点に、ニューヨーク、台湾、韓国などで展覧会を開催


富田啓之 HIROYUKI TOMITA
作品「陽光彩市松文片口」

1977 神奈川県大磯町生まれ
2000 陶芸家伊集院真理子に師事
2007 神奈川県伊勢原市にて陶芸家として独立
その後、普段使いのうつわから大型陶器作品など幅広く制作。現在に至るまで、国内外で年間10回ほどの個展を開催。
旅館、ホテル、飲食店の壁面作品やオブジェ作品も制作。
2021 群馬県邑楽町に工房および住まいを移転


林真実子 MAMIKO HAYASHI
作品「栗色濃淡縞れんが文 長皿」

1959 東京生まれ
1982 慶応義塾大学文学部卒業
1985 多治見市陶磁器意匠研究所修了
伊藤慶二氏に師事  (89年まで)
1991 横浜市に工房開設、独立
以降個展、グループ展多数


渡部味和子 MIWAKO WATANABE
作品「水滴 時と共に咲く」

1969 大阪に生まれる
1990 京都芸術短期大学造形芸術学科陶芸専攻卒業
1992 京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻卒業
2010 第二十回秀明文化基金賞受賞

Schedule

Exhibition Archives

2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012