photo
5月の花「雲南八角蓮」 2014.5.23今月の花

大きな葉を生ける時、器の口元に蓋をせずに思いきって高く生けてみましょう。留め方には、多少の工夫が必要ですが、存在感はぐっと増します。二人静の繊細さも引き立ちます。

» 続きを読む

photo
4月の花「白花万作」 2014.4.17今月の花

元来、花は器を賞翫するために生けられました。花を生けることによって、器の魅力をより一層引き立たせることが目的だったのです。

» 続きを読む

photo
3月の花「チューリップ」 2014.3.20今月の花

春の花は光を求めてぐんぐん成長します。昨日はまっすぐだったチューリップが今日は窓の光を求めてにょきっと首を伸ばしました。

» 続きを読む

休館日変更のお知らせ 2014.2.22News

誠に勝手ながら、3月中の休館日を日曜日・月曜日とさせて頂きます。

» 詳細はこちら

photo
2月の花「椿」 2014.2.17今月の花

椿と苔木、雪を想わせる白い器との出会いです。 “なげいれ”は、投げ入れるという方法ではなく、自分の心の傾き、“数寄” をいけることなのです。

» 続きを読む

photo
1月の花「仏手柑・女松・水仙」 2014.1.17今月の花

仏手柑、その存在感は正月の花としては、まさにご馳走です。 大振りなものを、どーんと使ってみましょう。

» 続きを読む

冬季休館のお知らせ 2013.12.24News

冬季休館日のお知らせ

» 詳細はこちら

photo
12月の花「蝋梅、椿、綿花、屁糞葛」 2013.12.10今月の花

花は空間によって息づき始めます。 作業台や、キッチンなどで生けてから運んで置く…便利かもしれませんが、 それでは場の空気を生けることができません。

» 続きを読む

photo
日本のウルシを未来につなぐ 2013.12.1News

昨年秋に茨城県大子町で、初めての漆掻き体験を致しました。また同じく12月に館において、日本漆工協会の丸山高志先生の「漆の話を聞く会」を開催しました。それらの機会を通じて、日本の漆の現状を知り、館の文化活動の中で、日本の漆を守っていくことに、少しでも力になりたいという思いでNPO「麗潤館」を立ち上げることに致しました。この問題は一人だけの力ではどうにもなりません。是非皆様のお力とご理解をいただきたく心より願っております。

» 詳細はこちら

photo
11月の花「山百合の実、エビ蔓、山葡萄」 2013.11.17今月の花

秋、色づく野山では、美しい色に目を奪われます。 澄んだ空気の中、静かに色香を放ちます。

» 続きを読む