2012.10.7

館の外壁タイルが完成しました。

陶砂タイルー黄渇ー

 

木本和志氏作の「陶砂タイル -黄渇-」です。

素材は磁土、シャモットに、弁柄と黄色の顔料を混ぜたものを焼成しています。

一般のシャモットタイルと称されるものとは全く表情が違い、土味を強く感じさせてくれます。
シャモットの持っているザラザラ感を残したまま、タイルに仕上げるところに作家の苦労がありました。
目地がないのも、もう一つの特徴です。
光の挿し方によって表情の変化を楽しむことができます。

館にいらした際にはぜひご鑑賞ください。

 

 

~木本和志プロフィール~

1976年    福岡県に生まれる

2001年     愛知県立芸術大学美術学部陶磁専攻 卒業

第1回世界陶磁ビエンナーレ(大韓民国)造形部門/特別賞 受賞

2003年     東京 ギャラリー陶彩でスタッフをしながら埼玉にて作陶

2007年     愛知県瀬戸市にて陶磁器会社に入社

2009年    山梨県忍野村の會田雄亮研究所のもとで陶壁と食器制作に携わる

2012年  現在埼玉にて作陶