館には様々なジャンルの作家の作品が住空間に取り込まれております。
またそれぞれの空間にはテーブルをはじめ、ゴミ箱、鏡、靴べらなど日用品と呼ばれるものたちが、
「用」を満たしながらもアート作品として存在感を示しています。
毎日触れるもの、目線に入ってくるものこそ、こだわりたいものです。